資産管理とエリア管理

Asset Planning

エリア管理はファシリティマネジメントの基本となります。これにはよく構造化されたストレージとデータベース、そしてグラフィックデータが必要です。そして、膨大なデータを効率的に取り扱うことが重要になります。この点において、archifm.netは、必要に応じてグループ化、フィルタリング、または検索できるデータコンテンツとわかりやすく体系化された表示方法でユーザーをサポートします。

archifm.netでは複数地域にまたがる複数の建物をひとつのデータベースで一元的に管理することができます。また、ArchiCADとの連動によりBIMデータをスペースや設備管理などに活用することも可能です。
fddgdg

archifm.netはファシリティマネジメントのプロセスに基づいて構築されているため、ユーザーはテナントやエリア管理などの業務を直観的なわかりやすい方法で管理することができます。資産管理には次のモジュールが含まれます。

資産管理資産管理 テナント管理テナント管理

 

ファシリティマネジメントのソフトウェアはいつでもユーザーが必要な時に蓄積されたデータを簡単に分析、迅速に確認できるときにその利用価値を最大限に発揮します。archifm.netは不動産ポートフォリオ構造のツリービューだけではなく、計算された値と色分け表示でこれらをサポートしています。例えば、賃貸可能なオフィススペースを探している場合、現在空室であり、また、指定された面積より広いスペースを有する部屋に特定の色を割り当て表示することにより、簡単に対象となるスペースを見極めることができます。類似の構造はユーザー自身で構築することも可能です。