メンテナンス基本データ

メンテナンス基本データ

メンテナンス基本データはメンテナンス作業の計画と会計の両方の基礎を構成し、料金設定とメンテナンス契約の分析を統一します。
メンテナンス基本データは定期メンテナンスだけではなく、突発メンテナンスにも利用できます。
データの統一管理の優れたアドバンテージは、データを比較できるということです。例えば、価格とパフォーマンスの比較はサービス会社を評価する一つのポイントになります。効率的に稼働していない設備や器の見極めにも役立ちます。こうしたデータ比較はファシリティマネージメント業務をより効率的に、また質の向上に貢献します。

  • メンテナンス作業基準
  • メンテナンス作業の分類
  • 作業内容の統一化
  • 必要とされる技能の明確化
  • 契約価格を決める要素
  • 業者と担当者の登録
  • 短い周期で繰り返される定期メンテナンスの設定
  • メンテナンス計画作成の大幅な効率化

ドイツのVDMA(ドイツ機械工業連盟)やDIN(ドイツ工業規格)などに代表されるように、多くの国では作業の分類を決定するメンテナンス基準があります。こうした基準や独自の社内基準はエクセルファイルに作成して簡単にarchifm.netに取り込むことができます。